IPv6 IPoE(ネイティブ)接続方式のプロバイダー比較

IPv6 IPoE(ネイティブ)接続方式に対応しているプロバイダは増えてきています。

対応さえしていれば、どれも差はない気もしますが、実は微妙に対応が違います。
そこで、“IPv6でも速度改善が期待できる IPoE(ネイティブ)接続方式のプロバイダー”を比較してみました。
提供サービスごとでまとめてあるので、参考にしてください。

※対象コースは公式サイトを参考にしている為、同じサービス内容であっても、コース名が違う場合があります。

IPv6 IPoE(ネイティブ)接続方式を提供するVNE

IPv6 IPoE(ネイティブ)接続方式を提供している会社は、プロバイダではなく、VNE(Virtual Netrwork Enabler)と呼ばれます。
中には、本来はIPv6通信しか速くならないが、「IPv4 over IPv6」というIPv4の通信もIPv6通信にみせかけて速度を速くする技術を採用するVNEも。

IPv6 IPoE(ネイティブ)接続方式は、このVNEがプロバイダーへサービスを2次提供しています。
最近では、プロバイダ自体がVNEとなり提供するケースも増えました。

プロバイダによって名称は違いますが、「IPv4とIPv6を共存させる」という意味では、同じサービスと言っても良いです。

サービス提供会社 IPv4 over IPv6
JPNE(日本ネットワークイネイブラー) v6 プラス
IMF(インターネットマルチフィード) transix(DS-Lite)
BBIX IPv6高速ハイブリッド(IPoE IPv6 + IPv4)
ビッグローブ IPv6オプション
NTT Com v6 アルファ
フリービット v6 プラス
ASAHI ネット 未定

では、これらの通信事業者から提供を受けてIPv6 IPoE(ネイティブ)接続方式を提供しているプロバイダを見ていきましょう。

v6プラス提供プロバイダ

v6プラスは、KDDI株式会社、日本インターネットエクスチェンジ株式会社など数社がの出資により発足したインターネット接続サービス等を提供する電気通信事業者JPNEが提供するサービス。

@nifty

サービス名:v6プラス

@nifty光 @nifty光ライフ with フレッツ

対象コース

  • @nifty光
  • @nifty光ライフ with フレッツ
  • @nifty光 with フレッツ
  • @nifty光 プロバイダーコース


事前にフレッツ・v6オプションの契約が必要。

So-net

サービス名:v6プラス

So-net光 So-net 光 with フレッツ ドコモ光

対象コース

  • So-net 光 コラボレーション
  • So-net for ドコモ光
  • So-net 光 アクセス
  • So-net 光 with フレッツ S
  • So-net 光 with フレッツ
  • フレッツ光


So-net サポートデスクで IPoE利用の案内をした方、従来より利用していて速度の相談があった場合のみに対応。
現在は申し込みを受付ています。
フレッツ・v6オプションが未契約の場合、代行申し込みも可能。

GMOとくとくBB

サービス名:v6プラス

フレッツ光 ドコモ光

対象コース

  • フレッツ光ネクストファミリータイプ
  • フレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストマンションタイプ
  • フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
  • フレッツ光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ隼
  • フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ
  • フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー・ギガラインタイプ
  • フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ
  • フレッツ光ネクストプライオ1
  • フレッツ光ネクストプライオ10
  • フレッツ光ライトフレッツ光
  • ネクストビジネスタイプ
  • フレッツ光マイタウンネクストファミリータイプ(西日本エリアのみ)
  • GMOとくとくBB with ドコモ光


「v6プラス」と「Wi-Fiルーターレンタルサービス」の同時申込みの場合に限り、通常は300円/月のところ100円/月でWi-Fiルーターをレンタルできます。
ただし、「v6プラス」と「Wi-Fiルーターレンタルサービス」の同時申込みの場合に限ります。

DMM

サービス名:v6プラス

DMM光

対象コース

  • DMM光


v6プラスを利用する場合、対応機器をレンタルする必要があります。

ホームゲートウェイ 200円
無線LAN付きホームゲートウェイ 300円

また、月額500円でv6プラスと同時にPPPoEの接続方式も利用できるオプションも。

Plala

サービス名:ぷららv6エクスプレス

ぷらら光 ぷらら光 メイト with フレッツ plala for ドコモ光

対象コース

  • ぷらら光
  • ドコモ光 for plala
  • ぷらら特別物件光タイプ


2018年3月1日以降にぷらら光、ドコモ光およびぷらら特別物件光タイプ(全戸)に申し込んだ場合、標準機能として提供。
それより以前のユーザーで、ぷらら光メイト、ぷらら光パック、ぷらら光セットを利用中の場合、今後準備が整い次第、順次自動開通を予定しています。

transix(DS-Lite)提供プロバイダー

IIJ系列のインターネットマルチフィード株式会社(mfeed)が提供している。

IIJ

サービス名:IPoEオプション

IIJmioひかり

対象コース

  • フレッツ光ネクストファミリータイプ
  • フレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストマンションタイプ
  • フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
  • フレッツ光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ隼
  • フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ
  • フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー・ギガラインタイプ
  • フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ
  • フレッツ光ライトファミリータイプ
  • フレッツ光ライトマンションタイプ


IPoEは有料オプションであり、月額800円(税抜) 。

BB.excite

サービス名:excite MEC光

excite MEC光

対象コース

  • excite MEC光ファミリー
  • excite MEC光マンション


MEC光専用ルータを月額100円(税抜)で、レンタル可能。
月額700円(税抜)でフレッツ光や他の光コラボでもIPv6が利用できる接続プラン TYPE-Dもあります。

インターリンク

サービス名:ZOOT NATIVE

フレッツ光

対象コース

  • フレッツ光ネクストファミリータイプ
  • フレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストマンションタイプ
  • フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
  • フレッツ光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ隼
  • フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ
  • フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー・ギガラインタイプ
  • フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ
  • フレッツ光ネクストプライオ1
  • フレッツ光ネクストプライオ10
  • フレッツ光ライト
  • ビジネスタイプ


IPv6(IPoE接続方式)はプロバイダ料金と合わせて月額1,080円(税抜)。
前もって、フレッツ・V6オプションのご契約が必要です。

IPv6高速ハイブリッド(IPoE IPv6 + IPv4)提供プロバイダー

Softbank系のBBIXがを提供している。

SoftBank

サービス名:IPv6高速ハイブリッド(IPoE IPv6 + IPv4)

Yahoo! BB 光 with フレッツ SoftBank光

対象コース

  • フレッツ 光ネクスト
  • フレッツ 光ネクスト ハイスピードタイプ
  • フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼
  • フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
  • フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ
  • フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
  • フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ
  • フレッツ 光ライト
  • フレッツ 光ライトプラス


IPv6高速ハイブリッドを利用するには、光BBユニット(500円/月(税別))が必須となります。

独自で提供するプロバイダ

自らVNEとなり、サービスを提供するプロバイダもあります。
これらにはIPv4 over IPv6まで提供しているプロバイダとIPv6(ネイティブ方式)のみ提供しているプロバイダがあるので注意しましょう。

BIGLOBE

サービス名:高速接続サービス

ビッグローブ 光 BIGLOBE 光 withフレッツ 「ひかり」コース with ドコモ光

対象コース

  • ビッグローブ光「ひかり」コース
  • 「ひかり」コース with ドコモ光
  • BIGLOBE光パックNeo with フレッツ
  • BIGLOBE光 with フレッツ
  • 「使いほーだい」コース+「フレッツ光」オプション
  • 「使いほーだい」コース+「フレッツ光」オプション


IPv6(IPoE方式)であり、IPv4 over IPv6を採用したサービスを提供しています。
対応機器が準備できない、または、光電話を利用していなければ、IPv6オプションで全ての通信をIPoE方式で接続するために、接続機器(無線LAN付き)のレンタルサービスを提供。
月額レンタル料金は、500円(税別)。(解約手数料:1,300円(税別) 接続機器の返却送料を含む)

OCN

サービス名:v6アルファ

OCN光 OCN 光 withフレッツ OCN for ドコモ光

対象コース

  • OCN 光 ファミリー
  • OCN 光 マンション
  • OCN for ドコモ光
  • OCN 光 2段階定額 ファミリー
  • OCN 光 with フレッツ ファミリータイプ
  • OCN 光 with フレッツ マンションタイプ
  • OCN 光 「フレッツ」 ファミリータイプ
  • OCN 光 「フレッツ」 マンションタイプ


IPv4 over IPv6に専用ルーターとホームネットセキュリティ、訪問/遠隔サポートがついたサービスがついたV6アルファを提供。
新規のユーザー、既存のユーザーどちらも月額500円で利用可能です。
OCN v6アルファには24カ月の最低利用期間があり、最低利用期間途中でのサービス解約時には、違約金8,000円(不課税)が発生。

DTI

サービス名:IPv6(IPoE)接続サービス

DTI光 DTI 光 with フレッツ ドコモ光

対象コース

  • DTI 光各プラン
  • DTI for ドコモ光
  • DTI 光 with フレッツ/DTI 光 with フレッツライトプラン
  • DTI 光 シンプルプラン
  • Bフレッツ等、NTTのフレッツサービス向けの接続プラン


フリービットが提供しているIPoEですが、技術的にはV6プラスを利用しています。
フレッツ・v6オプションが未契約の場合、代行申し込みも可能。
DTI with ドコモ光を申し込み、2018年9月1日以降にDTIへ登録された方は、Wi-Fiルーターレンタルオプション(IPoE対応)を利用可能。

IPv4 over IPv6提供未定プロバイダ

IPv6(ネイティブ方式)は提供していますが、IPv4 over IPv6までは提供していないプロバイダもあります。 この場合、IPv6対応サービスは速くなりますが、未対応のサービスは従来のままの速さとなります。

AsahiNet

サービス名:IPv6

AsahiNet 光 ASAHIネット 光 withフレッツ ASAHIネット ドコモ光

対象コース

  • AsahiNet 光
  • ASAHIネット 光 withフレッツ(ホームコース・マンションコース)
  • ASAHIネット ドコモ光(ファミリーコース・マンションコース)
  • フレッツ光ネクスト(ファミリーコース・マンションコース)
  • フレッツ光ライト(ファミリーコース)
  • ASAHIネット マンション全戸加入プラン


独自でIPv6(IPoE方式)を提供。
ただし、IPv4 over IPv6には対応していないため、IPv6対応サービスのみに利用できます。
AsahiNet 光 、ASAHIネット 光 withフレッツ(ホームコース・マンションコース)の方は手続き不要。

WAKWAK

WAKWAK光 WAKWAK光 with フレッツ ドコモ光

対象コース

  • WAKWAK光 with フレッツ シリーズ
  • WAKWAK for マンション全戸光(利用者向け)
  • WAKWAK for ギガマンション全戸光(利用者向け
  • WAKWAK 光プラス
  • WAKWAK ドコモ光
  • WAKWAK コムシス光
  • WAKWAK 光コラボ
  • ざんまい光 ファイン/マンション/ワイド/マンションワイド


IPv6(IPoE方式)にのみ提供しています。

スポンサーリンク

IPv6(IPoE)未対応プロバイダについて

フレッツ光のプロバイダパックで選べるプロバイダの中で、IPv6(IPoE)に対応していないプロバイダもあります。

hi-ho

対象コース
-提供していません-


現在のところIPv6(PPPoE)接続のみ対応。
今後のIPoE方式に対応は未定。

IPoE接続方式で期待できるポイント

IPv4・IPv6は、インターネットで使われているプロトコル(通信手順)です。
現在は、通信プロトコル「IPv4」が利用されていますが、IPv6を利用することで、IPアドレス(インターネット上の端末アドレス)が不足する問題を回避することができるほか、接続方法が簡単になるなどさまざまなメリットがあります。

しかし、ここで注意したいのは、このIPv6には2つの接続方式がある事。

一つは、
従来のIPv4と同じ接続方式であるPPPoE

もう一つは、
IPv6専用の接続方式であるIPoE

となります。

IPoE接続方式だとプロバイダを経由せず、網終端装置を避ける通信手順となります。
「回線速度が遅い」という口コミをよく見かけますが、その原因の1つに網終端装置の混雑があげられるだけに、この網終端装置を避ける事で回線速度が上がる期待できます。

共存サービスとは

IPv6のIPoE接続方式を利用すれば、回線速度改善が期待できる事が分かりました。

問題は、まだまだ主流はIPv4であり、IPv6対応サービスが少ない事
つまり、いくら回線速度が上がっても、「今まで利用していたSNSが使えなくなる・・・」では意味がありません。

要は、ネットワーク環境がIPv6でありながらも、現在主流のIPv4サービスも利用できれば問題ありません。
しかも、IPv4サービスも速くなるなら文句なしですね。
これを実現した技術が冒頭でも紹介した「IPv4 over IPv6」です。

「IPoE接続方式」にこの「IPv4 over IPv6」を加えたサービスは、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれます。ただややこしい事にサービス提供社によって、v6 プラス、DS-Lite、IPv6高速ハイブリッド(IPoE IPv6 + IPv4)、OCN v6アルファ、「ぷららv6エクスプレス」などサービス名が違います。

プロバイダの対応は

プロバイダによって微妙に対応が異なります。
例えば、ひかり電話を契約しなければ利用できなかったり、無料で出来るところもあれば有料だったりなど。
対応ルーターは共通のものが多いですが、動作保証をしているルーターもプロバイダによって異なりますし、独自のルーターを提供しているプロバイダも。

新規で申し込む場合と、既に利用中で申し込む場合でも変わってきます。

申し込みの際は、しっかりと内容を確認しましょう。

結局のところ、どれがいい?

サービス的には、余り差がない感じがします。
ただ、「IPV4アドレスを再割り当て」や、「ポート解放」が出来る・出来ないはあるので、PS3/PS4のオンラインゲームをやるユーザーなら、IPv4のポート開放に完全対応してるBBIXのIPv6高速ハイブリッドを提供しているプロバイダを選んでみてはいかがでしょうか。
現在のところ、SoftBank光とフレッツ光のYahoo!BBとなります。

また、少しでも節約したいなら、光コラボを提供するプロバイダがよいでしょう。
光コラボだと、v6プラスを提供している所が多いです。

対応ルーターについて

各プロバイダで動作保証しているルーターにちがいはあるものの、IPv6 IPoE(ネイティブ)方式対応のルーターをまとめてみました。

NTT東日本/NTT西日本
・RT-S300シリーズ ・PR-S300シリーズ
・RV-S340シリーズ ・PR-400シリーズ
・RV-440シリーズ ・RT-400シリーズ
・PR-500 シリーズ ・RT-500シリーズ
・RS-500シリーズ(NTT東日本のみ)

 

バッファロー  
・WXR-2533HP2 ・WXR-2533DHP
・WXR-1900DHP3 ・WXR-1901DHP3
・WXR-1900DHP2 ・WXR-1900DHP
・WXR-1750DHP ・WXR-1750DHP2
・WXR-1751DHP2

 

アイ・オー・データ機器
・WN-AX1167GR (ファームウェアバージョン3.20以降)
・WN-AX1167GR/V6 (ファームウェアバージョン3.20以降)

 

まとめ

IPv6 IPoE(ネイティブ)接続方式に対応し、更にIPv4 over IPv6を提供するプロバイダは増えてきました。

プロバイダにより対応は様々ですから、「自分の利用しているプロバイダはどうなっている?」と疑問を持つ方は一度確認してみましょう。

IPv6 IPoE(ネイティブ)方式を提供するプロバイダでも微妙にサービス内容が違う事さえ分かれば、その違いから判断してどのプロバイダを選ぶか絞れてきてます。

IPv6(IPoE)は、通信型ゲームなど特定ポートを使用するサービスには向いていません。
それもIPv4 over IPv6を提供しているプロバイダを選べば、安心して利用できます。

これからIPv6 IPoE(ネイティブ)方式対応プロバイダを利用する予定の方は、もう一度、その点に注目して一覧を確認してください。