IPv6接続のメリットとデメリットは接続方法で違う

“IPv6にすると回線速度が速くなる”とよく目にしますが、必ずしもそうとは限りません。
同じIPv6でも接続方式などの違いにより、メリットとデメリットは変わるのです。

これを踏まえて、IPv6の接続方法の違いとそれに対するメリットとデメリットを見いていきましょう。

IPv6のメリットとデメリット

一般的に言われているIPv6のメリットは

  • アドレス空間が増える
  • IPアドレスの自動設定
  • 回線速度が速くなる

こう見ると、今のところ直接メリットを感じるのは“回線速度が速くなる”こと位です。
しかし、このメリットも接続方式により変わるので注意しなければなりません。

一方、iIPv6のデメリットですが

  • IPv6対応のサービスしか使えない

  • 固定IPが使えない

  • 特定のポート開放が使えない

などがあげられます。

徐々に増えてはきているものの、IPv6接続に対応しているサイトやサービスはまだまだ少ないのが今の現状です。
これだと、幾ら回線が速くなっても、既存のサービスが速くならないのであれば意味はありません。
このデメリットも接続方式により変わります。

では、「接続方法による違い」とは具体的に何なのでしょうか。

接続方法によるメリットとデメリットの違い

まず、IPv6と言っても、接続方法と通信技術により、

  • IPv6 PPPoE接続方式

  • IPv6 IPoE接続方式

  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)接続方式

と3タイプに分けられ、メリットデメリットが少し違っています。

この少しの違いが重要になってくるのでチェックしてください。

IPv6 PPPoE接続方式

回線速度がは速くなりません。

現在の接続方式はIPv4 PPPoE接続方式であり、同じPPPoE接続方式である為に従来の速さと変わりありません。
現時点でユーザーが感じるメリットはこれといってないでしょう。

メリット
対応プロバイダは多い

デメリット
速度が速くなる訳ではない

IPv6 IPoE接続方式

IPv6対応サイトでは速くなりますが、IPv4対応サイトでは今まで通りです。

IPv6対応サイトは速度が速くなる事が期待できるIPoE方式で接続されます。
しかし、IPv6に対応していないサイトでは従来のPPPoE接続方式に切り替わるので今までと同じ。
現時点でIPv6に対応しているサイトは少ないですから、ほとんど意味が無いように思えます。
今後は対応サイトも増えてくるでしょうから、そうなるとメリットも大いに活かされるでしょう。

メリット
IPv6対応サイトは速くなる
対応プロバイダはそこそこある

デメリット
IPv4対応サイトでは変わらない

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)接続方式

IPv4、IPv6対応サイトのどちらも速くなります。

IPv6 IPoEは、IPv4対応サイトだと意味がありませんでした。このデメリットを解消するのが、IPv4 over IPv6という技術です。
簡単に言えば、IPv4対応サイトでもIPv6のIPoE方接続方式を利用出来る様に共存させる技術です。
3つの中では、これが一番理想的であり、オススメです。
しかし、この接続方式を扱う通信事業者が少ないので、現在利用しているプロバイダでも利用出来る確率は低いでしょう。

メリット
IPv4、IPv6対応サイトのどちらも速くなる

デメリット
対応プロバイダはまだ少ない

接続方式による速度の違い

接続方式 IPv4対応サイト IPv6対応サイト
IPv6 PPPoE 遅い 遅い
IPv6 IPoE 遅い 速い
IPv6 IPoE
IPv4 over IPv6
速い 速い

どのサービスを使えばよいか

もちろん、 IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)が利用出来れば申し分ありません。
ただ、この技術にも提供通信事業者により種類が違ったり、サービス名が違ったりとややこしい事に・・・

特に技術的な差はないので、

  • どの通信事業者だと利用出来るのか
  • サービス名は何というのか

を抑えておけば大丈夫です。

これを一覧にまとめたのが、下のものです。サービス名とプロバイダに注目しましょう。

通信方式 DS-Lite MAP-E 4rd/SAM
主な対応事業者 mfeed JPNE BIGLOBE BBIX
サービス名 mfeed V6プラス IPv6オプション ハイブリッド・サービス
主なプロバイダ IIJmio
InterLink
@nifty
So-net
GMOとくとくBB
BIGLOBE SoftBank

補足ですが、IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)を扱う大本の通信事業者をVNEと言い、このVNEから2次提供を受けたプロバイダがサービスを提供しています。
最近では、BIGLOBEの様にプロバイダ自体がVANである通信事業者も。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)を使うなら、まずは、これらのプロバイダから選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

厳密に言えば、同じIPv6でも接続方式などの違いにより、メリットとデメリットは変わってきます。
現時点で我々ユーザーがIPv6を利用する一番のメリットは、回線速度が速くなる事です。
ただし、その為には接続方式に注意する必要があり、更に利用している全てのサービスを快適に使うためには扱うプロバイダにも注意しなければなりません。
回線速度に困っていないユーザーなら無理に使う必要はありません。

将来的には、IPv6へシフトチェンジする方向に向かっており、実際、IPv6に対応サイトやサービスも徐々に増え始めています。

現時点で、私達はメリットが多いけど数少ないプロバイダへ乗り換えるか、乗り換えないままIPv6への完全シフトチェンジを待つかの2択ありますが、現実的には前者の選択一本となるのでは。

もし、NTTの光回線網を利用しているフレッツ光や光コラボを利用していて、回線速度改善のためにIPv6を利用するなら、接続方式によりメリットとデメリットが違うことに注意してプロバイダを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。